例えば、金銭のやりとり。
キャッシングや、銀行これらでお金を借りる場合、
在籍確認があると思いますが、嘘情報を記載してしまうと
信用をなくし借りることができなくなります。
返済するにしても期日通りに返してくれる人は
やはり信頼され次も貸してもらいやすくなります。

人は日々生活していく上で裏切りと信用を得ながら生きていきます。
人間は動物と違い、言葉や会話を巧みに扱うことが可能な生き物ですので、
人として生きていく上で交流は必要不可欠なものになります。

そんな人同士を繋げているのが信用と呼べる二文字であり、信頼関係になります。
人間は必ずしも誰かに手助けをしてもらわないと、生きて行けず、
決して一人で生き抜くことは出来ません。

そのため、悩み事や何か問題があった際などは誰かに頼ったりしますが、
時には裏切られてしまうことも少なくありません。
むしろ裏切られることの方が多い人もいらっしゃいます。

それでも誰かを信じていかねば生きていけないばかりではなく、
信じることに意義を感じる人は確かに存在します。
裏切られることの方が多い人生であっても、
誰かに信用されたり頼りにされることは、非常に意義を感じる生き方になります。

中には金銭目的で近付いてくる人や、
裏切ることを前提として甘い言葉を使い誘う人もいらっしゃいますが、
日々真面目に精進していきていれば、必ず誰かが認めてくれるでしょう。

また、その姿を見て家族は安堵するばかりではなく、
同じような人間になりたいと憧れを持つ人も現れるかもしれません。

現代社会では、人間関係がより複雑になってきています。
職場の同僚や上司、後輩や友達など、
さまざまな立ち場の人々と密接な関係を維持していかなければなりません。

家族以外の他人と居心地の良い距離感を保つためには、
相手を心から信用することが大切です。

しかし、初対面の相手を信用するまでにはある程度の期間を要します。
疑り深い人や警戒心の強い人などは、完全に信頼感を感じるまでに、
1年以上かかる場合もあります。
その期間は性格や経験などによっても個人差が大きく、
2、3ヶ月ほどで仲良くなる人もいます。

例えばみずほ銀行でお金を借りる場合、
返済能力がないと信用されませんので、
お金を借りることができないでしょう。

他人を信用するには、その人の考えを理解しようとする気持ちが重要です。
行動を共にして会話を増やすことで、
この人なら心を許せると思えるような出来事がきっかけで
一気に見方が変わることもあるのです。

例えば、病気や事故など緊急事態に陥ったときに、
真っ先に自分を助けてくれたり、
そのための努力をしてくれたなどという出来事を経験すると、
安心感が高まります。

このようなことが身近で起きることで、
短期間のうちに急速に相手への信頼感を高めることにつながるのです。
いざという時の対応によって、その人の本当の人間性に気づくことができますので、
見極めるチャンスです。

仕事があり家庭を持っていて安定した収入がある人は大変頼りにされ、
町内の役人や役ごとをお願いされやすいものです。

そんな他人から信用される人にはある特徴があります。
温和な性格で人助けを何よりも重要視する人間だという特徴です。

性格がきつくて怒りやすい人は、
知り合いや友人が困っていても手助けよりも先に口で説教をしてしまいがちです。
しかし、温和でやさしい性格の人は普段から信頼され頼りにされていることを
念頭において悩み相談などを受けていますので、
最初から悩みや愚痴を聞く側に回ります。

また、そんな人の多くは仕事面においても重要なポストにつくことが多く、
人望がありますので、噂が人の人格すらも作ってしまい、
よりよい人間になろうとします。

仕事は信用第一といわれるほど、会社にとって信用は大事なものですので、
それに加わり人望が厚いとなれば重要な地位を与えても不思議ではありません。
家庭面においても夫婦の生活は信頼という二文字のもとにつながりあっていますので、
心配する必要はありません。

しかし、頼りにされていることを勘違いし、
借金の保証人などを頼まれがちですので、
金銭関係の貸し借りに関しては十分に注意した方が良いです。

また会社への信用以外にも、
例えば、金融機関にお金を借りる場合も、お互いの信用が大事です。
その中の一つ在籍確認ですが、これができないと借りることが難しくなるそうです。



これは友人とのお金に関する話です。

その友人は学生の頃から付き合いのある人物で、
学生の頃はしょっちゅう遊んでいるような仲でした。

やがてお互いに社会人になって連絡を取る暇もなくなり、
しばらく疎遠な状態が続いていました。

しかしながらある時に友人から連絡が入ってきて久しぶりに会うことになったのですが、
その時に神妙な面持ちで相談されたことがあります。

pls.jpg

それはお金に困っており、少し融通して欲しいというものだったのですが、
話を詳しく聞いてみると両親の借金によって友人の生活まで大変ということだったのです。

昔からの友人ですし、
信用できる人物だと思っていましたのでお金を貸したのですが、
しばらくするとまた連絡が入ってきて、その際にもお金を貸して欲しいと言われました。
仕方なくその時は少しですがお金を貸してしまいました。

それからしばらくし、
友人に返済はいつ頃になるのだろうと連絡を取ってみようとしたのですが、
その時にとてもショックを受けました。

なんと携帯電話の番号が変更されており、連絡が全く取れない状態になってしまったのです。

その時にようやく友人が逃げたことに気が付きましたし、
信用していた友人の裏切りでしたので、怒りよりも悲しい気持ちの方が強かったです。

お金に関するトラブルはテレビでもよく目にしていましたし、
まさか自分がこうした裏切りに遭うとは思っていなかったですね。

ちなみにキャッシングでは誰にもバレずに借りることができるそうです。
参考サイト⇒キャッシングがバレた体験談
もし友人にお金を借りたいと言われたら、
こちらをオススメしてみてはいかがでしょうか。

信用を失う原因

| コメント(0) | トラックバック(0)

お金の問題はデリケートであり、だからこそ周りに借金の申し込みをしにくいのです。

そして、人はお金を借りるために嘘をつくことがあります。

消費者金融などに借金の申し込みをする場合も同じですが、
年収や勤務先を偽ってしまう方はいるでしょう。

返済できる当てがないのに、嘘をついて返済できると言って借りようとするのです。

こうした嘘が原因で信用を失墜させることは実に多いです。

申し込みの時点で嘘の報告をしていると、キャッシングの審査に落とされます。
こういう業界は、やはり信用関係が一番重要ですので、
キャッシングの審査については、嘘の報告をしないということが大前提となります。

お金の問題はその人の人間性が最も出やすい部分であり、
普段は誠実そうに装っている方でも、お金のことになるとずるい人は多いものです。

そして、お金に汚い方や借金の返済をしない方は、周りから信用されません。

性格は最高によくて、思いやりのある人物でも、
お金のことが原因で周りから嫌われてしまう方は少なくないのです。

借金で信用を失わないためには、何よりも返済できない金額を借りないことが大切です。

最初は返済する意思があっても、
借入額が増えすぎて返済できなくなれば、逃げに回ってしまうこともあるでしょう。

貸し手からすれば、返済できないなら一言話して欲しいと考えていますが、
借り手は返済できないことが怖くて言い出せないのです。

いずれにせよ、借金は返済できる範囲で行うべきでしょう。